ぜんざい 蒲生。 【クックドア】蒲生茶廊Zenzai(鹿児島県)

ぜんざい : はまたか手帖

「昭和63年度に環境庁の巨樹・巨木林調査によって、日本一の巨樹であることが証明された。 付け合わせは梅干しでした。 鹿児島の旅4部作• 蒲生(かもう)は水がおいしいですよ。 抹茶パフェ。 こちらのお店の自慢は、 肉汁がジュワ~と出てくるハンバーグ。

Next

ぜんざい : はまたか手帖

ヘルシーな国産牛肉の赤身のローストビーフがたっぷりとご飯の上に乗っていて、食べごたえある一品です。 有 台• 1月11日は鏡開き。 ぜんざいは トロトロの焼きもちが2個 甘さもちょうどよく!横にちょこんとのった (塩昆布)が良い感じ! パフェも 黒をイメージ! カップの底の まろやかなコーヒーゼリーがとっても美味しかったです。 sabas ezweb. 土を耕し、水をまき、米や野菜を育てる。 蒲生産苺がとれる冬~春は、生クリームやスポンジケーキを重ねたトライフル(左)。

Next

ぜんざい : はまたか手帖

なぜかというと、せい子さんは料理を一人で準備しているので忙しいからです。 カフェ自体も和の落ち着いた雰囲気ですが、昔ながらの町並みも素敵です。 季節限定のドリンクもあります。 21:30 【定休日】不定休 薩摩蒸氣屋 菓々子横丁 出典: rubese. 武家屋敷の風情を共有できるカフェ蒲生のカフェ 『Zenzai』が4月に再開される。 座席も座布団だったりイスだったり、様々な席がありました。 そして浜地さんはひとつの結論にたどりつく。

Next

姶良市/心地庵

どんなランチか?を、疑似体験 引き戸を開けると、まず土間です。 今回、私が注文したサイドメニューはこんな感じ。 (広報あいら「AIRAview」平成27年9月15日号より抜粋). 2017年10月21日 00:20• 注文をする 好きな場所に座って、メニューを見ながら食べたいものを注文票へ記入します。 苦渋の決断だった。 オーナーパティシエがこだわっているのが、石窯で焼く 「石窯ロールケーキ」。 いよいよ今回完結です。

Next

なごみ空間!鹿児島のおすすめ古民家・町屋5選

(テイクアウトはできます) <ご注文内容について> ・お名前 ・ご注文の商品名と数量 ・お届けのご住所 ・連絡先 をお知らせ下さい。 樹齢は1,500年あまり「蒲生のクス」 その後、目と鼻の先にある「」で国指定特別天然記念物の「蒲生のクス」を鑑賞。 ^^ アクセス 鹿児島市から車で約1時間半。 (ミニ・ギャラリーも併設。 原料となる塩や砂糖、小麦粉なども県内産や九州産など自然素材を厳選している。

Next

ぜんざい : はまたか手帖

化学調味料一切不使用、地産有機野菜を中心とした食材が人気の曲げわっぱランチと一緒にどうぞ。 そんなニュースが街を駆け巡っている。 右手のふすまを開けると・・・ 中はこんな感じです。 特製ぜんざい 出典: カゴシマPLAT 北海道産大納言小豆と、てんさい糖で作ったぜんざいに玄米餅(冷やしぜんざいの場合は白玉)が入っている「特製ぜんざい」、塩こうじを加えた「塩ぜんざい」、コーヒーを加えた「珈琲ぜんざい」があり、トッピングには生クリームがおすすめです。 日本一なんですね、確かに大きい、推定樹齢が1500年ってことは古墳時代とかそのあたり、思わぬ歴史発見でした。 店内もほっこり…落ち着く空間となっております。

Next

姶良市/蒲生茶廊zenzai

白熊菓琲(しろくまこーひー) 出典: 食べログ グルメサイトのスイーツ部門で 西日本の100名店に2年連続で選ばれた、鹿児島県民が愛するデザート、「白くま」発祥のお店です。 AMEX• 完全予約 平均予算 ¥1,000 カード• 「」からはじまり、「」、「」とまできて最後の〆が、こちら! 姶良市蒲生町にある癒しの武家屋敷カフェ「」さんです。 無 禁煙・喫煙• 蒲生茶廊Zenzai 〒899-5302 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2425 営業時間 11:00〜16:30LO (ランチ〜14:00) 定休日• それを部屋に持ち帰り、食べます。 味はもちろんのこと、 盛りつけがフォトジェニック!SNS映えする写真が撮れますよ。 子連れでもゆったりと過ごすことが可能です。

Next

なごみ空間!鹿児島のおすすめ古民家・町屋5選

でも今日の狙いは「曲げわっぱランチ」。 「白くま」はかき氷とアイスクリームを組み合わせて、その上に三色寒天や缶詰のフルーツ、あずきなどを乗せたものですが、ここ白熊菓琲では熊の頭の造形をした白くまが食べられます。 完全禁煙 貸切• 今後の状況をご確認ください). 優しいお味で、ミニぜんざいも付いてて得した気分に! 使っている器はこのセットのためのオリジナルデザインなんだそうです、こだわりもすごいですね。 温と冷どちらでも頂けますが、夏にはぜひ冷やした「ぜんざい」をお試し下さい。 せっかく行ったのに断られるのも残念なので、ぜひご予約を。

Next