イイダ 靴下 マスク。 「洗える立体無縫製ニットマスク」販売開始!ストラップ部分を工夫してフィット性を高めたニットマスク|イイダ靴下株式会社のプレスリリース

イイダ靴下、マスクカバーを開発 自社販促の切り口に

公式サイト(オンライン予約): 通気性が良いマスク サラサラした肌触り「夏用ニットマスク」 c [] 佐賀県の靴下メーカーが製造する「夏用ニットマスク」は、メッシュ素材とパイルの2重構造で呼吸を楽にできるよう工夫されたマスク。 使ってみた感想は普通にマスクとして使える、しかも作るのが簡単! なのですがサイズが少し小さいと感じました。 肌当たりが優しくて着けていてストレスが少ないんですよね。 防犯機器などを手掛ける企業から3月中旬、製作の依頼を受けた。 (製品単体はウイルス等を防ぐものではございません。 ウエブでの購入ページは、https://peraichi.com/landing_pages/view/washablemask. これを皆がやりだしたら、靴下とハサミとキッチンペーパーの買い占めがおきるかもしれないですね。

Next

「洗える立体無縫製ニットマスク」販売開始!ストラップ部分を工夫してフィット性を高めたニットマスク|イイダ靴下株式会社のプレスリリース

2 咳やくしゃみによる「飛沫防止」や各種アレルゲンの「暴露 ばくろ 低減」としてご利用ください。 長時間歩くならジャストサイズのピンクを選びます。 使ったらマスクは洗濯して、中のキッチンペーパーやガーゼを交換すれば繰り返し使えますね。 その為、内側をパイル構造にする事で、タオルの様にループを浮き上がらせ飛沫の飛び出しを軽減させる構造にしました。 肌に優しいオーガニック製法の天然素材を使用し、清涼で快適な着け心地を実現したマスクです。 「靴下を4回切るだけでマスクが作れる、手作りマスクの作り方」という動画を見ました。

Next

【手作りマスク】穴の空いた靴下を3回切ってマスクを作ってみた【簡単】

ただ思ったんだけど、折りたたんで切れば3回で済むんじゃない?と考えました。 バレエブランドのウェブショップで販売され、バレリーナを中心に反響が寄せられているそう。 暑くて湿度の高い日本の夏でマスクを着用するとしたら、不織布はかなり不快なのではと思っています。 デリケートな肌に触れる部分は綿素材を使用 不織布マスクに肌ストレスを感じやすいお子さまにも安心してご利用いただけます。 下記以外のウェブサイトは当社が運営・管理しているサイトではなく、また、販売している商品等も全く関係の無いもので、利用者の皆様におかれましては、十分にご注意くださいますようお願い申し上げます。 新型コロナウイルスの感染予防でマスクの品薄状態が続く中、杵島郡江北町に工場を構えるイイダ靴下が、布製マスクを作り、販売を始めた。 メッシュ&パイル W構造 表側は全面メッシュ構造 内側はパイル タオル状 になっています。

Next

イイダ靴下の夏用ニットマスク購入方法は?楽天でも買える?プレゼントの内容も!

両サイドに切り込みを入れます、これで合計4回カットするだけですね。 ゴム紐も不要で、これなら耳あたりが柔らかで耳が痛くなりにくそうなのがいいなと思いました。 何かしらあるはずですからね、筒状になっている布。 模様のバリエーションも豊富で、ファッションの一部に取り入れられそうなマスクです。 なので折って切ってみます。 汗や湿気で熱を吸収し、マスク内に接触冷感が持続、蒸れにくくこもりにくくなる効果も期待できます。 ・形を整えて平干ししてください。

Next

靴下でマスクを手作り!? 世界一簡単な布マスクの作り方動画!

潔癖の人や、完璧な衛生面を考えたら新品が良いとは思います。 YouTube動画.。 「世界一簡単な布マスクの作り方動画」 最初から最後まで、たった2分で手作りマスク完成です。 マスクを巡っては、県内でも異業種が製造や販売に参入したり、染織サークルが手織り木綿のマスクを作ったりする動きがある。 runtage. そして、素材にある程度の伸縮性が必要なので、レギンスはぴったりかもしれませんね。

Next

工場発信!イイダ靴下株式会社さんが作った洗えるマスク「無縫製ニットマスク」

マスクが手に入らないという人は、高額のマスク買わなくても、買うために並んだりしなくても大丈夫です。 テニスマラソサッカーで使用してみましたが薄い生地なので春夏秋には最適と思いますが、 透けるので、短パン必要です。 ニット製は編み機1台で1日当たり100枚ほどを作っていたが、2日までに10台に増やす増産体制を取った。 マスクの外側は飛沫の汚れを防ぐ撥水加工、内側は日本製抗菌糸「デオセル」を採用し、接触冷感を実現するとともに、マスクを清潔に保ち防臭効果も。 メリットとデメリット メリット 新品の靴下で作るのも良いんですけど、捨てる予定の靴下が再利用できるのが良いですね。 イイダ靴下は靴下の製造技術を生かして約4カ月かけて洗って繰り返し使える夏用マスクを開発し17日約2000枚を江北小学校に贈りました。 その為、 内側をパイル構造にする事で、 タオルの様にループを浮き上がらせ飛沫の飛び出しを軽減させる構造にしました。

Next