マイクロ プラスチック 問題。 マイクロプラスチックの問題ってなに?解決策はある?今すぐ出来る3つのこと

【6月は環境月間。大きな課題である「マイクロプラスチック問題」に関する国際比較調査を実施】国、企業、個人の意識、行動レベルは全てG7内で日本が最下位という結果に!|ウォータースタンド株式会社のプレスリリース

人体への影響 また、「マイクロプラスチック問題」も看過できない課題の一つです。 25兆個のプラスチック粒子(268,940トンに相当すると推計される)が海洋の表面を浮遊しながら漂っていることが報告されています。 一度研究テーマを決めたら、最低10年は続けることを心に決めているそうです。 第4次循環型社会形成推進基本計画 政府の取り組みを行う上で2013年に環境省によって作られたのが、「循環型社会形成推進基本計画」です。 ・欧米やアジア、アフリカなど、60を超える国・地域が、有料化や課税、製造・販売・使用禁止という方法でレジ袋を規制し始めています。

Next

衣服の洗濯から発生して下水をすり抜けるマイクロプラスチックの問題

その影響を受けている生物は多く、世界中で問題となっています。 マイクロビーズ除去海域法 さらにアメリカではマイクロビーズ除去海域法がオバマ氏の政権下で2015年に可決されました。 摂食後のプラスチック成分ののへの• いかがでしたか? 今回はマイクロプラスチックの定義や、海洋汚染について説明しました。 マイクロプラスチックを摂食した後の海洋生物への影響は次の3つが考えられる。 明確な定義はありませんが、一般的に 5mm以下の大きさのものをマイクロプラスチックといいます。 (出典:「海のプラスチックごみを減らしきれいな海と生き物を守る!」,2019) (出典:「第3章 プラスチックを取り巻く状況と資源循環体制の構築に向けて」) (出典:「未来に残そう青い海」) (出典:「洗顔料や歯磨きに含まれる マイクロプラスチック問題」,2016) 日本政府の取り組み 日本政府では、海洋プラスチックごみに対して様々な取り組みをすべく議論を重ね、「第4次循環型社会形成推進基本計画」と「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」の2つを主軸とした対策に取り組んでいます。

Next

『マイクロプラスチック』って何が問題なの? 根本的な解決法は未定

Nature Geoscience 12: 339—344. 漂着ごみの大半を漁具を含むプラスチック類が占めている。 そのため 観光業での収入が減ることで経済的損失も大きくなります。 また「適正な処理の更なる推進と環境再生」のなかには 安定的・効率的な処理体制の確立に加え、環境再生のために マイクロプラスチックを含む海洋ごみ対策への取り組みも盛り込まれています。 この収集、物流とリサイクル処理の過程で、こぼれ落ちたり、すり抜ける廃棄物があります。 また、世界最大のおもちゃメーカー・レゴも、サステイナブル(持続可能)な原材料を2030年までに発見し、すべてのレゴブロックで使用すると目標を定めています。 2019年8月29日 閲覧• それもあり、世界の海洋プラスチックごみの排出量は、2010年時点では 1位から4位まで東アジアの国が占めており、その第1位は中国という結果が出ていました。 結論から述べると、 海に流れたマイクロプラスチックは取り除くことができません。

Next

マイクロプラスチック問題の解決の一助に

また、これまで回収方法や廃棄方法についての体制を見直し、早急な整備を行うことで国内の固体廃棄物の回収率を高めたのです。 また、神奈川県横浜市はイオンとタッグを組み、買い物客にマイバッグの活用を呼び掛けるなど、プラスチックごみ対策に向けたキャンペーンを展開。 2013—2025, 2009• EUの取り組み EUでは「EUプラスチック戦略」という方針を打ち出し、取り組みにあたっています。 0%と意識・行動共に日本は各国よりも低いレベルに 「脱プラスチック」に対する意識について、勤めている会社、個人、国それぞれについて聞いたところ、日本で「意識していない」と回答した会社は68. プラスチックの皿やスプーン、フォーク、ストローなどがこれにあたりますが、来年以降は再生可能な原材料に切り替えるなどして、環境保護に取り組む方針です。 これらはこのような状態になる前に、廃棄管理やリサイクルなどを行うことで発生を抑制することや、マイクロ化する前であれば回収も可能なため、ある程度の対策ができます。

Next

世界的な環境問題「マイクロプラスチック問題」の解明に挑む

多くのプラスチック製品を生産、消費している日本も、無関係ではありません。 日本では敬遠されがちな時事問題ですが、社会の動向はビジネスにも影響します。 海洋生物によるマイクロプラスチックのが実証されている。 しかしプラスチックが環境のあらゆるところに存在している事を考慮すると「高度に処理されたプロダクトの中でも極小のレベルではプラスチックの粒子が発見されるかもしれない」という点は認めています。 マイクロプラスチックが海洋環境中に存在することが確認されている。 直径5mm以下の小さなプラスチックの欠片「マイクロプラスチック」による環境への影響が近年、世界的に懸念されるようになってきています。

Next

【まとめ】脱プラスチックへと突き進む世界。その深刻な理由と驚くべき問題解決アイデアとは?

, et al. 33mm~1. この問題は国際社会でも大きく問題視されていて、2019年6月に大阪市で開催されたG20サミットでは、2050年までに新たな海洋プラスチックごみによる汚染をゼロにする目標を掲げた「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を各国首脳が共有しました。 「脱ペットボトル」に対する行動についても、勤めている会社、個人、国それぞれについて聞いたところ、「行動していない」と回答した日本の会社は78. 今後、九州や北アルプスなどの山岳地帯で大気や雨の中の物質を採取。 1985—1998, 2002, :• スウェーデンの家具販売大手・イケアは、2020年までに使い捨て用のプラスチック製品の販売をすべて廃止すると発表。 前述のように大きなプラスチック廃棄物が、紫外線を浴びて粉々になることは良いことのように思われるかもしれません。 分野別では包装・容器・コンテナ類が46. しかし多くはまだ推測の範囲を越えておらず、確実な証拠はまだたくさんは出ていません」と米Gizmodoに語りました。 そんな声が聞こえてきそうですね。 2019年11月には自治体初となる木製ストローを製作し、市内の飲食店などに導入するなどの施策を試みています。

Next

マイクロプラスチック問題の解決の一助に

2020年2月17日閲覧。 プラスチック以外に、ゴム・繊維・塗料なども含む。 ・セブン&アイ・フードシステムズのデニーズで一部店舗からストローの提供を中止すると発表しました。 2020年6月24日閲覧。 『日本経済新聞』夕刊2018年5月21日(社会・スポーツ面)2018年5月26日閲覧。

Next