助成金 神奈川。 フリーランス、個人事業主の新型コロナウイルス関連助成金、補助金について

神奈川県で起業するなら活用したい助成金・補助金

郵送申請の場合は、休業者の住所または代理申請した事業主の住所に支給決定または不支給決定通知書を送付。 制度の有無 なし 制度の有無 あり 上限金額 - 上限金額 1 15万円 2 30万円 3 118. 011-788-9070 ・人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース、特別育成訓練コース及び教育訓練休暇付与コース) 【注】道内全ての事業所に係る申請を受け付けております。 4 【住まいのエコリノベーション補助制度】省エネ改修工事に対して最大80万円を補助。 特許権等の知的財産権等の取得に要する弁理士の手続き代行費用• 詳しくは、次のページをご覧ください。 3 【住宅除却補助制度】非課税世帯限定で木造個人住宅の除却工事に対して最大40万円補助。 既にご依頼内容が固まっている方もそうでない方も大歓迎です。 0% なし あり 50000円 75. 具体的にはアルバイトや派遣社員など(いわゆる非正規労働者の方)を正規社員にするための助成金や、高齢者の方の継続雇用、従業員への研修に関するものなど、その時々の国の政策に合わせてさまざまなものが用意されます。

Next

神奈川県で起業するなら活用したい助成金・補助金

3% なし なし あり 50000円 75. 1 ~ 4 いずれも要件あり。 <協力金(第2弾)で対象となる例> 協力金(第1弾)の交付対象者が、引き続き休業等を実施していた場合のほか、第2弾では以下のような方も対象となります。 2 【木造住宅耐震改修促進事業】100万円 一般 、140万円 非課税世帯 が限度額。 制度の有無 なし 制度の有無 あり 上限金額 - 上限金額 1 全額 2 140万円 3 40万円 4 80万円 条件・備考等 - 条件・備考等 1 【木造住宅耐震診断士派遣事業】耐震診断士を派遣し、無料で耐震診断を実施。 ・神奈川県の信用保証協会が100%保証してくれますので保証料率は0%となり、新型コロナウイルスの支援策としては、とても優遇されています。

Next

無料相談実施!

横須賀市暴力団排除条例 平成24年横須賀市条例第6号 第2条第3号に規定する暴力団員でないこと• 特定求職者雇用開発助成金 60歳以上の高齢者をハローワークからの紹介によって2年以上継続することで支給される助成金です。 利子補給期限は5年。 ・新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少している場合など、上下水道料金の支払いが困難になった方 猶予期間 上下水道料金の支払い猶予期間は以下の通りです。 65歳以上の非課税世帯は上限9万円。 業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減 (9:専門家謝金)• 準備や手続きで本業に支障が出そうな場合は、専門家の力を借りることをおすすめします 補助金申請のポイントは以下のとおりです。 助成金は国の施策に合わせた活動に対して交付されます。

Next

雇用関係各種給付金申請等受付窓口一覧|厚生労働省

証拠資料等によって支払金額が確認できる経費 助成金や補助金のご相談はお気軽にどうぞ ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性促進補助金) 中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための、主に設備投資等を支援するものです。 4 【住まいのエコリノベーション補助制度】省エネ改修工事に対して最大80万円を補助。 ・支払いが困難になった旨を記載した「支払計画書」を水道営業所に提出することで猶予の手続きが出来ます。 72万円 上限金額 - 条件・備考等 市内在住、在勤で、市内に自己の居住する住宅 新築、購入 の取得又は増改築。 その他の専門家としては、税理士や行政書士、社会保険労務士の資格者で、補助金に詳しい方であれば、お願いできるかもしれません。

Next

神奈川県の増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度一覧│暮らしデータ 【goo 住宅・不動産】

横浜市創業促進助成金 横浜市内で創業する場合に創業時に必要になる経費の一部を助成してもらうことができる制度です。 他要件あり。 その一つが火災保険を使って外壁塗装を行うことです。 対象は県内の中央労働金庫と契約を結ぶ勤労者。 他要件あり。

Next

神奈川県(補助金・助成金・融資情報)

また、日々の業務でお忙しいと思いますので、 土・日でご相談されたい方のために、土日も無料相談対応しております。 4 【危険ブロック塀等撤去費補助金】危険ブロック塀等の撤去に要する費用の一部を助成。 使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費• リアルタイムで申請状況や処理状況が確認できます。 3 【住宅除却補助制度】非課税世帯限定で木造個人住宅の除却工事に対して最大40万円補助。 起業して間もない頃というのは、どうしても人手が足りないもの。 (注2)「休業等」とは、以下の場合を指します。

Next