笹山 直規。 ナオ ナカムラ: 笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」

(5ページ目)ウンコで描いた聖母マリア、先祖の頭骨で型を取ったシュガークラフト… 食のあり方を問う「kitchen展」 がヤバすぎた!

」開催。 2019年10月8日閲覧。 ルネサンス期にはテンペラ画やフレスコ画よりも、さらに女性の肌の輝きを忠実に表現するために油彩絵具が開発されました。 28 ~創造のイノベーション〜」 レクトヴァーソギャラリー 2014「GEISAI受賞者展」 Hidari Zingaro 2014「ACTアート大賞優秀賞グループ展」 アートコンプレックスセンター 2014「デザインフェスタ vol. Important Private and Public Collections The Museum Of Modern Art, Gunma. 交換留学で渡韓し弘益大学校で現代美術の基礎を学ぶ。 9点の作品は、死刑を宣告された人の名前、彼の罪状、事件概要、死刑執行日と水彩で表現された犯罪者の最後の意志の明示、つまり判決を受けた人間が死刑執行の前に頼む最後の食事のイメージを、その者の肖像画として描いています。

Next

「現在幽霊画展」[ 8/8 (sat)

また小林はシネマジックの社長、横畠邦彦がかつて雑誌編集者だった時代の後輩にあたる。 ごく簡単にではありますが、当日の様子をレポートいたします。 2013年に待望の初個展「じゃぽにかぱみゅぱみゅのじゃぽにかぱみゅぱみゅーじあむ」(art center ongoing、吉祥寺)を開催。 「HIT! 今夏、中之条ビエンナーレ参加予定。 これは暗い緑とグレーで描かれた空の背景と、肉体的で特殊な柔らかさと形態を持つ山が描かれた絵画でした。 本展キュレーター 笹山直規. 内臓の触覚感と可塑性を連想させる山のイメージは、「身体の風景body-landscape」、死の形態学と物理学、形態を損なうことの視覚的効果に対する笹山の関心を明らかに示しています。

Next

ナオ ナカムラ: 笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」

、東京都世田谷区豪徳寺の自宅アパートで、物置のブーツの中に覚醒剤約1グラムを所持していたとして、警視庁に現行犯逮捕された。 2005年は、7月に月刊誌BURSTの5年間の映画批評連載をまとめた『ファイト批評』をアイカワタケシとの共著で発売。 飯沢耕太郎(写真評論家) 「不安と耽美・光と闇・幻想と現実の境界性アート」 暗示的で非現実的そして夢幻的な表現で作り出される「月夜乃散歩」の世界は、彼の心の暗闇に潜む深い不安を、割れたアンティークなガラス瓶のかけらや、廃墟の思わせる背景に宙を舞う無表情の少女達の姿を借りて、シュールに投影させている。 「あんな大きなパネルに、どうやったらあんなにきれいに水張りができるんですか。 慶應義塾大学に進学。

Next

Frantic Gallery

」の名をつけています。 笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」 会期:2015年12月13日(日)~12月20日(日) 13:00~20:00 オープニングレセプション:13日(日)18:00~ イベント:13日(日)18:00~笹山直規+釣崎清隆によるアーティストトーク 会場: (東京都杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2F) この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオナカムラ」では、笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」を開催いたします。 2005年3月ヴァニラ画廊で個展「DEADLY SPEED」を開催。 きっかけは、お土産にガラスの小瓶をもらったからでした」とか、「わたしの部屋は、ピンクで統一されています。 2ndシーズンも会田さんを聞き役に、ゲストの若手作家等から作品や活動についてお話を伺います。 自分は、長年西洋美術を勉強してきました。

Next

【レポート】「会田誠の月イチぼったくりBAR」第12夜 ゲスト:笹山直規

いかにもマニエリストらしい表現である。 もう未練もなければ、興味もないです。 『10 stories of DEADLY SPEED』 自主制作 2006年• 1~7)第七藝術劇場(十三 9. 彼は1981年生まれらしいので、おそらく同い年であろう。 個人の名刺ではなく、アートユニットとしての、ARTDISFORの名刺だったと思う。 本展は「妖怪・幽霊画」といった日本美術の歴史と、アーティスト達の「現在」が重なった新しい表現を追求してみたい。

Next

【滋賀】・:*笹山直規part1゜’ 【死体】

キッチンの上に並べられている野菜や包丁がそれです。 力がある作家だなあ、プロだよなあと思う。 「日本で15年ほど活動してきました。 株式会社ローソンエンタテインメント. アーティスト。 過度なメイクを施した自身の身体を表象とし、様々なキャラクターに扮した自らを演ずる。

Next

笹山 直規

2006年12月15日、一冊10万円、限定50部で発売され完売。 死体画家・美術ライター・展覧会プロモーターなどとして活動。 9月28日から10月26日にパリのKennory Kimギャラリーで、写真集発売を記念した個展『REVELATIONS』を開催。 彼の最初の顕著なシリーズは「Mountains」という、2003年から2004年にかけて制作されたものです。 これ以降、進捗ナイトは、メンバー、イベントやライブストリーミングなどのメディアを変えながら、いまだ継続中である。 もちろん導入部分だけを見れば、単なる個人的妄想、風変わりな趣向に過ぎないかとも思わされるが、心理学を引用し、戦後、震災という社会状況、歴史的背景とのからめ方は、無理なく首肯できる。

Next