あくび バトンタッチ。 ニンフィア育成論

竜舞&弱保バトンHBドラパルト育成論|Pokeminブログ

ニンフィアも例にもれず覚える攻撃技は少なめですが、メインウェポンとなるフェアリー技が半減されにくいのがいいところ。 選出と立ち回り相手がどのようなパーティであろうとも、でを決めて勝負にいきます。 古参の方にはわかるかもしれませんが、このサイトに初めてくる人にはそれがなんのことなのかわかりません。 対リーフィア 注意すべき点 高い防御とあまえる・こうごうせい・やどりぎのタネ等を活かした物理受け型と、 ようりょくそとつるぎのまい等を活かした晴れアタッカー型が存在し、判別しにくい。 「引くとすれば、何に引いてくるのか」 …基本的に考えるのはこの2点です。 または引き継いだかどうかを判別する手段が無い。

Next

竜舞&弱保バトンHBドラパルト育成論|Pokeminブログ

バトンタッチは単にS上昇を引き継ぐ技としてだけではなく、相手が交換を選んでいた時にその交換先を見てから交換できるというのが非常に大きかったです。 積みアタッカーや相手のスカーフも想定して、基本的にはこちらもスカーフを持つ。 いのちがけをオプションの一つに留め汎用性を重視する場合は、基本型を参照。 そして後攻から 「バトンタッチ」で裏の積みエースを繰り出します。 あなをほる 地 80 100 溜め攻撃 対炎・毒・鋼。

Next

【ポケモンSM S2シングル】オーロラベール積み構築【最高レート2017】:砂戸のブロマガ

対ローブシン ローブシンとの対面では、攻撃特化の相手の命の珠力ずく冷凍パンチを確定で耐えるため、竜舞と弱点保険を発動させることができます。 エーフィはフーディンに特攻・素早さで劣りますし、フーディンのように「きあいだま」で悪・鋼タイプに対抗することもできません。 :のライバルをたおせ(表)をクリア後にもらえる。 ステルスロックと組ませたい 「あくび」を絡めた戦術は「ステルスロック」の相性が良い。 この特性を持つポケモン: リーフィア、 アマージョ スイートベール 自分と味方が、ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。

Next

リーフィア

砂嵐限定。 3回目の投稿です。 タイプ一致技なので、いずれかは必ず入れます。 下手に調整したところで何も代わらないし、HPはヤタピ持ちなら4n、風船とかなら4nにならないような調整にすればいい。 (スカーフを起点にできます!) この2匹で起点がぐっと作りやすくなりました。 下 カプ・コケコの を込みで93. 特性による対策 マジックミラー 相手から受ける 変化技を跳ね返す特性で、あくびを跳ね返すことができます。

Next

【剣盾S1使用構築】ヌルアント+ニンフィア【最高11位/最終105位】

無振り112族までは倒せる可能性がある。 意味ないのに笑 また、鬼火を受けようが、あくびを受けようが、バトンタッチで能力上昇を後続にまわせ、あくびの効果は引き継がれないため、後続アタッカーで相手をぼこぼこにできます。 「ムーンフォース」「ハイパーボイス」「ドレインキッス」はメインウェポンです。 電気タイプならストリンダーがオススメ 電気タイプは特殊アタッカーが多くニンフィアと殴り合うには分が悪いポケモンが多いが、特性「パンクロック」と毒タイプのお陰で「ハイパーボイス」のダメージを抑えられるストリンダーはかなり有利。 サポートにするなら繰り出しやすいポケモンを使った方が良くなってしまいますし、エース仕様なら少なくともエーフィの特攻と素早さを活かすことができるためです。 高い防御により物理との殴り合いができるが、サブウェポン不足によりアタッカー性能はいまひとつ。

Next

ポケモンBWサンダースの技構成について。先日HCDSV、A2...

ラグラージ@ゴツゴツメット 性格:のんき 技構成:じしん こごえるかぜ あくび ステルスロック 実数値 努力値 :207 252 -130-156 252 -105-110-72 カバルドンとコロコロ入れ替わってた枠。 相手を選ぶ必要がありますが、個人的には相当強い型なのでは?と考えています。 。 後「あまごい」をすることで 補正ありHDをねっとうで確定2発 【役割】 アタッカー 【説明】 第2のアタッカー、です。 選出方法と立ち回り 4. 次に相手の交換先のポケモンに有利なポケモンに交代すれば、こちらの交代先のポケモンが「ねがいごと」の効果で回復できます。 その過程で1番されて嫌なのが、ドラパルトのすりぬけ「鬼火」だったので保険としてラムのみを持たせている。 「シャドーボール」「めざめるパワー地面」「サイコショック」は牽制技となります。

Next