伊之助204話。 鬼滅の刃【ネタバレ】第204話「鬼のいない世界」感想!

【鬼滅の刃204話ネタバレ】無惨との戦いが終わり炭治郎たちの未来はどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

しかし、炭治郎の下から多くの仲間が現れ、炭治郎を上へ上へと押し上げます。 そして禰豆子は実弥と会っていた。 カナタのそばには二人の小学生がいて、その姿は鉄穴森鋼蔵と小鉄に似ています。 (C)吾峠呼世晴 その後実はイチャついてます(嘘。 実弥の表情が優しい・・ 禰豆子の頭をなでる! なぜ頭をポンポンした! そして、微笑みながら、元気でなと実弥は去っていく。

Next

鬼滅の刃 本誌204話最新ネタバレ情報 永きに渡る死闘決着!時は流れ時代は現代

煉獄槇寿郎 遠慮しつつ笑顔• 全ての墓に花を供えようとしていたのだが、大量過ぎて心が折れる善逸… じゃあ代わりに、とはりきる伊之助は花を四方八方に投げる! 怒る善逸・炭治郎、笑う禰豆子… そして一行は、やっと炭治郎の家に向かう。 無事ハッピーエンドを迎える? 炭治郎も無事人間に戻り、カナヲも両目の失明は免れたようです。 その言葉に輝利哉は涙する…。 炭「愈史郎さん死なないでくださいね」 珠世のことを覚えていられるのは、愈史郎だけだと言う炭治郎の言葉に、愈史郎は動きを止める… しかし、言葉も無く、そのまま部屋を出て行く愈史郎だった。 炭治郎とカナヲ似の兄弟は、兄の方がカナヲに似てイケメン。 悪かったな色々・・・ 無惨倒した後も一悶着あったらしいが 俺はその間寝てたしよ それを聞いたねずこはとびっきり明るく あははっ! 私なんて二年くらい寝てたことありますよ 私寝るの好きです その言葉に幼かった頃の玄弥が重なる実弥。

Next

鬼滅の刃【ネタバレ】第204話「鬼のいない世界」感想!

ガチャで錆兎と真菰がつけていたお面に似たおもちゃが当たったようです。 — kanna natsumikanRQ 舞台は現代。 しかし、多くの助けを借りながら人間へと戻り…目を覚ました時は炭治郎は無事、元の姿になっていました。 必勝という名前がつけてあるの。 ここからネタバレを含みますので注意してください。

Next

鬼滅の刃204話最新ネタバレ考察|そして時は流れ舞台は?

そして時は流れ、時代は 現代に!!! ビル群が並ぶ、現在の風景で終わる204話。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 そこに映し出されたのは、なんと産屋敷輝利哉でした! 一族から無惨という鬼を出したため、産屋敷家は皆病弱。 鬼滅の刃204話のあらすじネタバレ 3ヶ月後の蝶屋敷。 1つは無惨、1つは禰豆子、ではもう1つは? 最後の一つは、愈史郎を人間に戻すために使うのでないかと考えられます。 スポンサードリンク 伊之助とアオイがカップルになりそうなフラグあった? (C)吾峠呼世晴 愛を失った彼に、無償の優しさを与えてくれる。 そして203話では、禰豆子のことを「妻」と表現するシーンもありました。

Next

鬼滅の刃204話最新ネタバレ考察|そして時は流れ舞台は?

隊士や柱たちの第二の2人生も気になっちゃいますね 警察官とか官僚になるんですかね 炭治郎のもとに宇髄がまきを、須磨、雛鶴たちを連れやってくる 大騒ぎした後に今度は千寿郎と槇寿郎がやってきた 槇寿郎は杏寿郎の鍔を付けて戦ってくれたことを感謝する 続いて刀鍛冶、隠たちがやってきて病室は満員に 伊之助は病室を抜け出して台所へ アオイが作る料理をつまみ食いするのを見つかってしまう 平和!平和すぎる。 は食堂につまみ食いに来ていた。 全国の研究者たちからも非難が殺到し、記者会見を開く羽目になったようです。 そして、病室には続々と人が集まってきます。 輝利哉、くいな、かなたの三名と、風柱の実弥、水柱の義勇で最後の柱合会議が行われていました。 これまでの感謝として頭を下げるお館様たち。 寂しくなるね。

Next

鬼滅の刃 本誌204話最新ネタバレ情報 永きに渡る死闘決着!時は流れ時代は現代

これまで善逸は禰豆子に対し、カワイイ、結婚しよう、嫁いできて、などと発言し、一貫して禰豆子に求愛してきました。 多少の障害はあれど全く見えない(失明)ではない様子。 元気な禰豆子の様子を見て安堵する実弥ですが、鬼化した炭治郎に立ち向かえなかったことを後悔しているようです。 鬼滅の刃の劇場アニメ無限列車編の公開も決まりこれからさらに盛り上がりそうですね。 相当ホワホワしたんだろうね。 しかし、禰豆子はそんなこと気にもとめていなかった。

Next

【鬼滅の刃】204話・205話「鬼のいない世界」あらすじ振り返り!【最高】

愈史郎が死にたいと思っていたことを炭治郎は察したのか、手当ての後去ろうとする愈史郎の背中越しに 「死なないでくださいね」と。 実弥は禰豆子と会うのが少し気まずい様子。 実弥は廊下で禰豆子と鉢会う。 ずば抜けてるよ、一瞬で太陽を克服してるし無惨より禰豆子よりお前には鬼としての素質があったんだ ギリギリまで自我が消えずにいられたのも凄いことだ。 その家の縁側で、将棋を指すおじいさんが二人。

Next