痛み入ります 類語。 「痛み入ります」の意味・使い方と例文

「恐れ入ります」の意味は?電話・メールでの使い方や類語も紹介

「恐れ入ります」は、飽くまで目上の人に何かしらのを依頼する場合、または行動してもらったことに対する感謝の言葉として使います。 「恐縮」は相手に申し訳なく思うことを指す言葉ですが、話し言葉でひんぱんに使うと相手に慇懃過ぎる印象を与えてしまうことがあります。 正確にはどんな意味なのか、どんな使い方をするのか解説していきます。 直接対面して使う場合には、目上の人であっても「お気遣い痛み入ります」で失礼になることはありません。 以下に、「恐縮です」を使った例文をご紹介します。 「痛み入る」「痛み入ります」の意味の二つ目は、「相手の親切に恐縮し感謝する」という意味です。 「恐れ入りました」の例文 以下に「恐れ入りました」とその類語を使った例文をご紹介します。

Next

「痛み入る」の意味は?「痛み入ります」の使い方や例文もまとめて解説!

なので使い方や場面を間違えると、相手に嫌味として捉えられてしまう可能性もあります。 「恐れ入ります」の類語 「恐縮です」は「恐れ入ります」の同義語 「恐縮です」は、「恐れ入ります」の表現を固くしたものです。 この場合の「痛み」は心の痛みを表し、「入る」は「泣き入る」や「寝入る」と同じで、「すっかり~する」「まったく~する」という意味を表します。 (例文) 1.「お心遣い痛み入ります」 2.「身に余るお言葉をいただき痛み入ります」 3.「ご丁寧な対応に痛み入ります」 「恐れ入ります」は自分の行動には使用しない 「恐れ入ります」というフレーズを使った表現は、ビジネスシーンでよく使われますが、自分の行いにたいして「恐れ入ります」は使ってはいけません。 」 3.「恐れ入りますが、ご協力いただければ幸いです。

Next

感謝の意味「恐縮」の正しい使い方は?例文5選&類語10選を紹介!

「痛み入ります」には2とおりの使い方があります。 」 ビジネスメールでも「恐れ入ります」というフレーズは、よく使われます。 「かたじけない」は相手に何かをしてもらい、『ありがたく思う』『ありがた過ぎてかえって申し訳ない』という意味で使用される言葉です。 素晴らしい結果をのこせたのも皆様のご協力あってこそです」 「この度はこのような素敵な会に声をかけていただき恐れ入ります。 お礼を言われて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。 「恐れ入りますが」というフレーズの場合は、文頭につけることによって柔らかい印象を相手に与える効果がある緩衝言葉の一つです。 例えば、「最近業績が伸びてきていて素晴らしいね」と上司に褒められたというような場面で「恐れ入ります」というように返事をするときに使用します。

Next

「痛み入ります」のビジネス上での適切な使い方 類似表現

「恐れ入ります」 「恐れ入ります」という言葉は「恐縮」と似た言葉で「相手を敬うがばかりに恐れる」という意味です。 しっかりとお礼を伝えておけば、その後も良好な関係を築くことができます。 「恐縮です」の例文を紹介します。 痛み入りますと恐れ入りますの違いは相手に対して相手を恐れ多いといった感情があるかどうかです。 また、自分より立場が上の人に対して使われる言葉で、ビジネスシーンで使われることがありますので、意味や使い方を覚えておくと良いでしょう。 残念だけど断らなくてはならない事情がある、ということを伝えられるのでとても便利な言葉です。

Next

「痛み入ります」の意味と使い方!目上には間違い?類語と例文もあわせて紹介!

「痛み入ります」は、目上の人や取引先の厚意に対してお礼を言う時に使うのが一般的です。 期待や予想通りではないことや、目的と合わないことに対して「残念」だという思いがあることを表す言葉です。 「誠に恐れ入ります」を使った例文 以下に「誠に恐れ入ります」を使った例文をご紹介します。 例えば「そのようなお褒めのお言葉をいただき、痛み入る思いです」というような使い方ができます。 場合によっては失礼だを感じる人もいますの使用には相手と場面に注意して使用しましょう。 「痛み入ります」は、とても改まった言い方になります。 「突然のことにも関わらず遠いところを痛み入ります」• なんとか退院することが出来ましたので、今後は恩返しの意味も込めましてより一層業務に邁進したいと考えております。

Next

「痛み入ります」のビジネス上での適切な使い方 類似表現

「痛み入る」を分解して解釈• そして、目上の人に対して感謝の気持ちを表す場合などに「恐れ入ります」というフレーズは使われます。 「痛み入ります」と「恐れ入ります」の違い 「痛み入ります」の類語として、「恐れ入ります」があります。 お気遣いに心より感謝いたします。 ビジネスや日常生活の中でお礼を言うときに、「お気遣い痛み入ります」といった使い方をすることがよくあります。 このように社外の人や上司から配慮をしていただいたり、ありがたいことをしていただいた時にはしっかりと感謝の意を表すべきであると言われています。 目上の方からの厚意に対してお礼のイメージで使う言葉です。 ここではふさわしい言葉に言い換える必要があるでしょう。

Next

「恐れ入ります」の例文・使い方・類語|シーン別/大変/が

相手の優れている点に、すっかり感心し、すごいですねと感心・感激する気持ちを伝えるときに使用します。 目上の人に使用する場合は「改めて恐れ入りました」という言い方をすると、「前からすごいと思っていましたが、改めてすごいと感心しまた」という意味合いになるので、好ましいでしょう。 痛み入る思いですという表現は痛み入りますと同様、相手からの親切心に対して心が痛むほどのありがたさを感じていますといった意味合いになります。 「痛み入ります」を使う時の注意点 場合によっては皮肉に聞こえてしまう 「痛み入ります」という言葉は、時と場合によっては皮肉や嫌味などにとらえられてしまうこともあるため、使い方には注意が必要です。 くれぐれも使い方を間違えないようにしましょう。 よって、「痛み入る」とは、直訳すると、「すっかり心が痛んでしまった」「まったく心が痛んでしまった」となり、それが語源となって、現在は「心が深く痛むほど申し訳なく、感謝している」という意味で使われます。 お陰様で素敵な時間を過ごすことができました」 「この度は素敵なプレゼントをお送りいただきどうも恐れ入ります。

Next

「痛み入る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

多くは、相手に「ありがとう」という気持ちを伝える場面や、相手にお礼を言われたときに、「ありがたいお言葉恐縮です」というようなニュアンスでで「恐れ入ります」というように使用します。 ・お心遣いに非情に感謝しております。 「恐れ入りますが」や「申し訳ありませんが」以外にも、クッション言葉として「お手数をおかけしますが」という言葉があります。 icon まとめ 「痛み入る」は、 「心の痛みを感じる」、 「心痛」の意味を持つの 「痛む」の連用形に、この感情を強調する補助動詞 「入る」が組み合わさった言葉です。 「痛み入ります」は皮肉と取られることもあるので注意 「痛み入ります」はかしこまった場面で目上の相手に対して使う言葉なので、親しい友人や同僚に対して使うと皮肉だと受け取られてしまう可能性がありますので注意しましょう。

Next