めざまし 大塚。 大塚範一の現在!白血病の病状~独身で結婚しない理由も総まとめ

めざましテレビの大塚範一の現在 フジテレビとも音信不通は本当か

現在はフリーとしてどこにも所属していない。 死去しそう。 大塚:なんにもないんだよ。 番組では、大塚さんの闘病生活の様子や、入院中に93歳で死去した母への思いなどが語られた。 あんなかたちで番組やめると思わなかった。

Next

笠井アナが悪性リンパ腫に…療養中の大塚アナとは共通点が (日刊ゲンダイ) 魑魅魍魎男

大塚範一さんは、 独身です。 私を初め、同じ病気を患っている多くの患者たちの希望となっています。 彼は独身で子どもがいないため、このA子さんが献身的に看病をしているんですよ」(テレビ局関係者) すでにA子さんの名前は登記簿に記載されている。 そして、度重なる治療の結果、現在、症状は安定しているようです。 またあの笑顔が見たい・・・! そんな矢先、非情にも、本番復帰目前の2013年3月16日、 白血病が再発したことが判明しました。 東京スカイツリー!! まあ、病気で休業してテレビに出ないと、 すぐにネットでは死去説が上がってしまうからさ? いつもの風物詩だと思って流しておくのが吉。

Next

笠井アナが悪性リンパ腫に…療養中の大塚アナとは共通点が (日刊ゲンダイ) 魑魅魍魎男

個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 視聴者からは3000通以上の応援の手紙をもらっているそうです。 ただ、医療j機関や薬を離れても、健康を維持するのは その後の本人の努力や周囲の理解が大きくものを言うと思います。 NHK時代もスポーツ中継を中心に活躍していましたが、とりわけ「オリンピック中継の仕事をしたい」という強い思いがあったようです。 ある時など、大塚さんの提案通りに若手が動いてみたところ、その様子を見た大塚さんが『独断専行した』と思い込み、カメラが回っていないところでその若手を怒鳴りつけたそうです。 お腹が膨れてしまっているのも、太ったのではなく、薬の副作用が原因です。 その日が来るのを、楽しみにしています。

Next

【 大塚さん「めざまし」で461日ぶり復帰へ 】

大塚範一の夢!それは2020年の東京オリンピックリポート! 2012年にキャスターを卒業してはいても、「大塚範一といえば、『めざましテレビ』」と思う方も多いのではないでしょうか。 しかし、つらい資料を乗り越え、 2012年10月、461日ぶりにめざましテレビに復帰しました! 仕事復帰の希望の光が見えてきました。 私は変わらぬ闘争心で闘病を続けております。 出典: 大塚範一さんは普段から、才色兼備の女子アナウンサーたちに囲まれてきました。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 『めざましテレビ』では「福島県の食物を応援しよう」という企画で確かに大塚さんは福島県産の野菜を何度も食べています。

Next

大塚範一の病気は血液の癌!結婚できなかった理由とは?

見た目以外は凄く元気だったよ。 親ですからね。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 『福島の野菜を食べよう』と国民に薦めていたフジテレビのアナウンサーが急性白血病になったということ 福島の野菜によって、大塚範一さんが 「内部被ばく」したのではないか、との噂が一層広がりましたが、このことについては詳しい報道はありません。 ガンとともに生きていく決意を固めた大塚範一さんの今の目標は 「2020年の東京五輪で仕事をすること」だそうです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。

Next

大塚範一

女子・・・大丈夫か。 元気に活躍される様子をテレビ画面を通して拝見し、応援していきたいと思っています。 。 だが、大塚さんには、姉たちに骨髄移植を頼めぬ事情がある。 急性リンパ性白血病は、リンパ性白血病の中でも、たちが悪いと 言われています。 その時を楽しみに!有難うございました。

Next

大塚範一アナの急性リンパ性白血病の闘病経緯…現在は?

大塚アナはめざましテレビを白血病で休業して、そのまま降板となった。 おかげさまで健康状態のほうは悪くもなく、 元気に過ごしております。 その際には、 復帰は2012年春頃になる、とおっしゃっていましたが、結局病状が芳しくなく、最終的に めざましは降板となってしまいました。 非常に元気な闘病生活を送っております」と元気そうな声を聞かせた。 また自身の好きなゴルフなどをするなど暇さえあれば体もマメに動かしていたという。

Next