季節 の 挨拶。 時候のあいさつ文・梅雨の季節の挨拶文・梅雨の季語

時候のあいさつ文・梅雨の季節の挨拶文・梅雨の季語

今夕は蒸し暑い中をようこそおいで下さいました。 ・ 土用の入りも近づき、蒸し暑い夜が続いていますが、~。 ・ 仲夏の折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 連日の熱帯夜ですが、お元気でいらっしゃいますか。 炎暑しのぎがたい日々が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

Next

手紙 学校・PTA

暑中お見舞いやお中元を贈る季節でなにかと手紙やお礼状を書く機会が多くなる7月と同様に、1年の終わりの挨拶やお歳暮を贈る12月の時候の挨拶を下記で紹介していますのでぜひ、ご参考にしてください。 夏の土用の入りは7月20日頃です。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 清々しい秋晴れですね。 実り多き秋を お祈りしております。

Next

季節のあいさつ文

また、他にも季節に関連したイラストなどの素材も掲載しておりますので、あいさつ状などの柄としてもご利用いただけます。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 この暑さをものともせず 花壇のひまわりが元気に咲き乱れています。 五月の空が気持ちよく晴れわたっています。 夕立の後の涼風が心地よい今日この頃です。 ダイエットも完了!!新しい水着も買い、 今年は久しぶりに夏の海に 出かけて行こうと思っています。

Next

梅雨の季節の挨拶文

[7月下旬の文例] [個人あて文例] ・拝啓 大暑の候 いかがお過ごしでしょうか。 7月時候の挨拶の結びの言葉 少しずつ暑さが厳しくなる頃、健康や体調を気遣う言葉で結ぶのが一般的です。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の気配です。 まずは書中にてお知らせいたします。 」などがよく使われています。

Next

季節のあいさつ文

」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 夏に入ったとはいえ、ここ数日の暑さは格別です。 九月になってもまだ残暑厳しい毎日です。 冬 1月 (1月) 厳寒の侯、初春の候、大寒の候、新春の候、小寒の候、 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 暑さますます厳しき折から、お見舞い申し上げます。 ・吹く風にもいよいよな夏めいた気配を感じるころとなりました。 朝冷えの深まります折り、なにとぞご自愛専一に。

Next

【時候の挨拶】7月上旬/中旬/下旬の季節の挨拶と季語は?手紙の書き出しも

皆様の秋が実り多いものとなりますようお祈りいたします。 朝夕はすごしやすい気候となってきました。 しばらく御無沙汰しているので、近々ぜひお会いしたいなと思っております。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 もうすぐ梅雨がやってまいります。 時候の挨拶はビジネスのシーンでも使用することがありますが、年中使えるビジネスの例文として「時下」という言葉を使うことができます。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。

Next