中央 日報。 韓国政府、日本のアビガンを新型コロナ治療薬に使用しない方針…「臨床的根拠が不十分」

日本語で読める韓国新聞サイト 朝鮮日報・中央日報・東亜日報・東洋経済日報

《中央日報》是韓國第一份改用橫排刊登新聞的報章。 オ教授は世界保健機関(WHO)でも新型コロナ治療薬臨床試験「候補」にアビガンを挙げていないと伝えた。 ただし、保守系三紙にも温度差は存在し、朝鮮日報が右派一辺倒であるのに対して、中央日報は実利主義がベースにあるため、改革派政権が続く中では保守色は薄まっているし、東亜日報は伝統的に記者や労働組合の発言力も強いこともあって、個々の論調ではそれほど保守的ではないものも見られる。 続いて「中国で治療薬として許可されたというニュースがあったが、ネイチャーの論文によると『単に臨床試験患者を募集する』と話しただけだった」と指摘した。 また少年雑誌『少年中央』も廃刊となった。 從1928年2月1日創刊開始,到2006年停刊,《中央日報》既是歷史的見証人,也是中國近代史的重要內容之一。 報社採總編輯制,社長由國民黨中央宣傳部長兼。

Next

中央日報

最后一期印刷版的《中央日報》頭條消息為《連戰:期待再出發 我對它有極深的情感》,《中央日報》的再出發,必定也是中國國民黨的再出發。 元々は、李秉喆が創刊した三星(サムスン)財閥系の夕刊紙であり、後に朝刊紙に転換。 董事長:徐抗宗 發行人:邵玉銘 總編輯:江偉碩 (來源:台灣網2004-03-05) 責任編輯:清水. 即便是在抗戰的烽火歲月裡,《中央日報》也出過抗命不從的報人,出過慷慨赴死的記者。 當然,經過了半個世紀的經營,整個台灣島內的媒體包括《中國時報》和《聯合報》在內,多數都是傾向泛藍陣營的。 発行部数も約230万部と韓国最大であり、調査を始めた1989年以降2009年現在まで韓国で一番の購読率である。 但是新聞史是新聞的戰場,而不是亡靈的畫廊。

Next

中央日報 (韓國)

新型コロナ感染者の治療を担当した主治医らで構成された中央臨床委員会などは、アビガンを新型コロナ治療に使用するほどの根拠が十分でないとみている。 これ以上はアビガンが治療薬として許可されたというフェイクニュースが広がらないことを望む」と話した。 日本政府は2014年、従来のインフルエンザ治療薬が効かない場合に使用できるという条件で承認した。 なお、漢字復活を主張している新聞でもある。 刊 期:日報 創刊日期:1928年2月1日 地址:臺灣臺北市八德路2段160號 電話:(8862)27765368 傳真:(8862)27775835 網址: 《中央日報》是中國國民黨機關報,于1928年2月1日由中國國民黨中央創刊于上海,一年後遷至於南京。 読者層には知識人が多く、他紙と比較して漢字の使用頻度が高いと言われていた。

Next

韓国政府、日本のアビガンを新型コロナ治療薬に使用しない方針…「臨床的根拠が不十分」

歷史 [ ] 《中央日報》於1965年9月22日由創辦人創立。 但是,正因為有了許多商業的色彩,因此《中央日報》的停刊顯得有些無奈,但又有些平靜。 1932年改行社長制,直接對國民黨中央宣傳部負責,首任社長程滄波。 因為作為中國國民黨半個多世紀的黨報,《中央日報》承載了太多的符號意義。 該報還同時發行英文版,名稱為《 ( 英語 : )》。 東亜日報(日本語読み;とうあにっぽう、韓国語読み;トンアイルボ)は、大韓民国の日刊新聞(朝刊)である。 食品医薬品安全処の李儀卿(イ・ウィギョン)処長は先月25日、アビガンについて「まだ国内使用が許可されておらず、輸入特例など導入案を検討中」と述べた。

Next

日本語で読める韓国新聞サイト 朝鮮日報・中央日報・東亜日報・東洋経済日報

本社をソウル特別市鍾路区に置く。 日本は最近、新型コロナ患者にアビガンを投薬して一部効果が見られたと明らかにした。 日本に対しては、韓国マスコミ特有の反日姿勢を取っているが、本紙の日本特派員から、韓国の知日派ジャーナリストが多数輩出していることから、日本との結びつきは韓国のマスコミの中でも深いと考えられており、韓国では親日派と見られる場合もある。 2011年,隨著韓國一系列與媒體相關的法律法規的通過,《中央日報》正式成立,為當年成立的四家之一。 從2007年3月18日開始,《中央日報》每逢星期日都會推出星期日特別號《》,在韓國屬首創。 アビガンを新型コロナ治療薬として使用するほどの臨床的根拠が十分でないという国内専門家らの意見に従ったのだ。 重慶《中央日報》則歸國民黨中央宣傳部直轄照常出版。

Next

中央日報

在幾十年的歲月裡,《中央日報》更多地記錄了政黨宣傳過程中的風風雨雨,包括陳布雷等人在內的國民黨筆杆子,都曾經就任該報的總編輯或者主筆。 中央臨床委員会のオ・ミョンドン委員長(ソウル大病院感染内科教授)は「アビガンは試験管研究で新型コロナウイルス抑制効果がなかった。 發行:主要為臺灣地區。 1965年創刊。 1947年該報成立中央日報股份有限公司及董事會。 創刊に関わった関係者に湖南地方(全羅南道と全羅北道)出身者が主であったことから、伝統的には金大中・元大統領に好意的とされていたが、金大中政権下ではむしろ対立。 患者に臨床試験を施行したデータもない」とし「動物実験で胎児への毒性と死亡が報告されるなど深刻な副作用がある薬物」と述べた。

Next