比企谷小町 アンチ。 陽乃「比企谷くーん!」ギュッ八幡「やめてください|エレファント速報:SSまとめブログ

比企谷の自殺

小町なりに考えてみたのですよ」 八幡「へえ……。 話しかけるのはぼっちの俺に同情してたから」 相模「だからそんなんじゃ…」 八幡「でも俺もガキでそんな簡単なことが読み取れず、告白して、嫌われて」 八幡「だから……勘違いさせるようなことはもう…」 135: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 35 小町「大丈夫だよー、ひとしきり笑って馬鹿にしてからちゃんと励ましてあげるから。 74 ID:XJNHLuXA0 小町「ありがとうねお兄ちゃん!」 イッテキマス! あーしもう喉カラカラなんだけどー?」 由比ヶ浜「ご、ごめんね。 遅れて」 雪ノ下「」 由比ヶ浜「」 25: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 53ID:oPEUmvkH0 相模「誇りに思ってる、ていうか気にしてないんだね。

Next

比企谷八幡 (ひきがやはちまん)とは【ピクシブ百科事典】

人物像 これまでに作った幾多のにより、常に斜に構えて物事を偏見的に見る 的な考えを持つ。 ……あれ? 平塚先生、また何か依頼すか?」 平塚「比企谷……少しじっとしてろ」ブチッ 八幡「ちょ、ちょっと……なんで俺の髪の毛抜くんですか」 平塚「ふむ……パラサイトに寄生されてはいない……。 何してんだよ馬鹿、って。 秋になって少しずつ肌寒くなり、夕焼けの色は深い赤になってきた 小町「思うんだけどさー」 八幡「何を、だよ」 八幡 緩やかな上り坂になってきた。 流石に心配になる。 36 八幡「嫁が冷てえ……」 いろは せんぱいがこんな風に甘えてくるの珍しすぎて心臓に悪いよ…… ドキドキ いろは「もー。 気持ちはわからんでもない• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• お前もまだ起きてたのかよ、さっきおやすみっつったろ」 小町「うーん、なんか寝れなくて。

Next

[B!] 【鬱・NTR注意】葉山「比企谷を奉仕部から追い出せた」 : あやめ速報

業務連絡以外で人と話したことはありませんでしたハイ 相模「あっ…その…ひさしぶりっていうか…」 八幡 久しぶりということは高校時代か… 相模「ヒキタニ…だよね? うちだよ相模だよ」 八幡「ああそう。 コーヒーにツンデレってなんだよ! 八幡 冗談はおいといて…断る理由がみつからん…こいつは押しが強いから、ぼっち原則、誘いは適当にお茶を濁す、が使えん 八幡「あーまあ。 足を着きそうになると、小町が「がんばれー」なんて適当な応援をしてくる。 68ID:AaZ3nqTS0 チュンチュン チュンチュン 小町「おにいちゃーん! 朝だよー! およっ? ドアポストにチラシが」パサッ 小町「夏祭りのご案内…か…もう夏到来ですか」 八幡「おはよ…」 小町「あ、お兄ちゃん祭りがあるんだって祭りだよ」 八幡「なんだ、いきたいのか? 悪いがそれは友達t」 小町「南さんと一緒にいきなよー」 八幡「…ばっかおまえあいつと俺はそんなんじゃねーよ。 小町の高校入学後の比企谷兄妹の千葉兄弟的なお話です 名前ありのモブキャラはたぶん登場しないかなと 兄妹デートで萌えたのは凡夫だけではないはずです。 ……三時くらいにそっち着くから。 報告された時は『え?……ああ、そうなんだ。

Next

[B!] 【鬱・NTR注意】葉山「比企谷を奉仕部から追い出せた」 : あやめ速報

彙や知識は豊富で皮に満ちた屁理屈が非常に多い。 極度の捻くれ者で常に物事を斜に構えて見ており、静からはであるとされている。 その他にも最低な人間だとも言われた。 あの二人は」 いろは せんぱいが一番それを分かってるくせに。 お前は前々から一つ大きな思い違いをしている」 小町「?」 八幡「俺はな、長年の経験から『友人など不要』と悟ったんだ。

Next

【八幡SS】比企谷小町「お兄ちゃん、大丈夫?」【俺ガイル】

他にも好きでの食べ物と言い切っている。 お兄ちゃん犯罪者だったの? 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• お兄ちゃんはそれ程の事をやらかしたのかと思ったけど、そうも言ってられない。 25ID:bWrbSXBO0 小町「で、お兄ちゃん、小町夕飯のお買い物行ってくるけど」 八幡「ああ、いってら」 小町「・・・うん・・・わかった・・・」テクテク ガチャ バタン 小町 いつもなら俺もついていく、って言うのに・・・やっぱなんかあったんじゃ・・・ 八幡 寝るか・・・ 55: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ……きっと、俺も仲良くなれば小町は嬉しがる 八幡 だったら、歩み寄ってやろうかと思うのだ。 俺ガイルはヒロイン力で判断すると、1位は戸塚で2位が小町という男の娘と実妹がワンツーフィニッシュを決めてしまう業の深い作品です。 45 八幡「……あっそ」プイ 小町「あ、照れてる?お兄ちゃん照れてる?」 八幡「うるせうるせ」 小町「あはは。 いい加減引きこもりなんて許さないから、もう出てってって伝えといて。

Next

小町「お兄ちゃんがおかしい・・・」 後編

2016年08月06日 12:28• 愛してるぞ小町」 小町「はいはい小町もだよー。 23 八幡「……まあ、いいよ。 小町「おにいちゃん!卒業おめでとう!」 八幡「おお」 小町「今日はおにいちゃんの卒業祝いで、お寿司だって!お寿司!お兄ちゃんナイス!」 八幡「ふ、もっと褒めろ。 いつまでも様子を伺うのも何なので、俺も暇潰し用に持ってきた文庫本を探索するべく教科書の海のサルベージ作業に集中する。 2016年08月01日 07:24• また陰キャが喚いてんのかよ。 サヨナラ、お兄ちゃん…。

Next

『俺ガイル』比企谷小町がヒロインなおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

料理なんてもんはカレーさえつくりゃいいんだよ」 小町「お兄ちゃん、カレーつくれないじゃん・・・」 八幡「・・・・・・」 相模 小町ちゃんが来る前に会ってればなあ・・・うちがご飯つくれたのに・・・ 100: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 一緒に並んであるかなきゃならん義理はないはず トントントンッ スタッ 八幡 ははは、ぼっちの早歩きをナメんなよ。 の時分からぐならぬぐ準備はしており、を筆頭に事はりこなせる。 比企谷小町、二十三歳。 やtliを唄っている訳ではない。 いつか、きっとそう遠くない未来。

Next