ピティナ 課題 曲 チャレンジ。 課題曲チャレンジのお知らせ

課題曲チャレンジ オンライン説明会&情報交換会、支部主催でも開催中

8月以降に予定されているピティナ・ピアノコンペティション特級、Pre特級、G級の二次予選以降の審査は、5月28日現在、実地での開催が予定されているが、今後の状況により変更の可能性があるという。 「その一曲」をしっかり読むのはもちろん大切ですが、他の人がその曲をどう見ているか、どう表現しているかを知ることも大切です。 これを知れば「きりん」の見え方、聴こえ方も変わるでしょう。 そしてその代わりに、課題曲を録画したものを審査員にWebで聴いてもらい、それに対して講評をいただく、という形の「課題曲チャレンジ」が開催されることになった。 もうちょっと粘れるよと発破をかけながら、ダメ出しばかりしました。 たしかに、事典には「知識の貯蔵庫」としての側面もありますが、その知識に生命を吹き込むのは、読者のみなさんです。 Aさんは来年、中学生になりますので、この課題曲チャレンジへ参加することにより、ピアノに関してまた新たな目標に向かって、頑張れるのではないかと思います。

Next

課題曲チャレンジ オンライン説明会&情報交換会、支部主催でも開催中

小さな集まりですが、みんな緊張しながらも、嬉しそうでした。 受験生にとって、なかなか対面レッスンが難しい自粛期間に、課題曲チャレンジという目標があったからこそ、自分の音楽と向き合って、自立する時間になったのではないかと思います。 昨年いくつかのコンクールを経験し、今回初めてのコンペティションへのチャレンジを決めた生徒のBさん。 生徒、指導者どちらにとっても、『目標を持ち学び続ける』事の大切さを改めて考えさせられました。 そして「臨機応変は士官の心得」と言われるように固定観念にとらわれず、常に良いものは良い!と認めていく柔軟な頭が求められると思います。 頑張れ~~!!出来る事をやって後悔ないようにしましょうね。

Next

ピティナ課題曲チャレンジのご案内♪

演奏動画には演奏者の横顔と手元が映ることを最低限の条件とします。 1907年の夏には、チーク県(現在ルーマニア)に訪れ、1ヶ月以上にわたって民謡収集を行っている。 3曲中、演奏難易度は、比較的容易。 課題曲・参加費用等につきましては、からご確認頂けます。 4期チャレンジの方は前期と後期で別々の動画として撮影してください。 お試しレッスン無料. 知る喜びと感じる喜び、そして表現する喜び、たくさんの喜びを手にして頂けたら嬉しいです。 けれど、 せっかく練習してきた事を、発表する機会がある事がどれだけ大切で素晴らしい事か、伝えたところ、後日『参加します!』と前向きな返事をいただきました。

Next

課題曲チャレンジから広がる音楽の世界

この課題曲チャレンジなら、自宅での演奏を撮影して送るという事で、この機会に コンクール課題曲にチャレンジでき、来年はコンペティションを目指すきっかけになると思い、参加を決めました。 ぜひ、チャレンジしてみてください! ゴールデンウィークが明けてもStay at homeは続きます。 しかし、その後も誰ひとり休む人もなくレッスンを継続できたのは 「課題曲チャレンジ」というあらたな目標があったからだと思います。 また、ピティナのコンペの緊張感とは違って、こういう 親しみやすい機会があり、初めてピティナに参加させていただく私にとっても楽しみであり、動画やオンラインに関しても勉強させていただきたいと思っております。 さまざまな経験を重ねていけば、200年前も今も、音楽は一つの大きな流れの中にある、というような感覚を強く持つことができますね。 コンペティションではないので順位は無いが、それもまた子供たちにとっては「伸び伸びと挑める」良い機会かもしれない。

Next

2020ピティナ・ピアノコンペティション課題曲チャレンジ!

賞がもらえる、という事も生徒にとっては嬉しい事のようです。 zoomレッスンなら 県外でも何処からでも受けられます。 一度は「幻の課題曲」になる運命とも思われましたが、こうして再び皆さんの手元に戻り、生きた音となることを楽しみにしています。 ただし、電車の音などやむをえない環境音については、評価時に考慮します。 。 携帯、スマートフォンのメールアドレスだと正常に送受信されない場合があります。 2020ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲チャレンジ Tags: Post navigation. これからの練習になりますので、 級の対象学年制限が無くなったことはとても有難く思います。

Next

課題曲チャレンジから広がる音楽の世界

撮影した動画の編集は原則として不可です。 クラシック音楽は「再現芸術」と言われることがありますが、200年前の曲を演奏したとしても、当然のことながらそれはそのままの再現ではありません。 今回のピティナのチャレンジは凄い! だれもが気軽に参加できる コンクールではない 発表の場。 繰り返し収録できる課題曲チャレンジはちょうどよい機会です。 3月1日の課題曲発表から8月末の決勝大会まで半年近くの期間、コンペティションに向けた練習だけを重ねて、課題曲は見事に弾けるけれども、楽譜を読む力も応用力も身につかないことがあるのではないか、という批判的な指摘の言葉です。 。

Next