グレン モルト 覇。 《最終龍覇 グレンモルト》

《爆革命 グレンモルト》

【封印】カードはコスト0扱いのカードでもあるのだ。 《銀河大剣 ガイハート》 【龍解】しただけでパワー7000以下のクリーチャーを除去出来、なんと 相手の効果で選ばれるだけでエクストラターン獲得というとてつもないスペックを持つドラゴンへと生まれ変わる。 現時点では(制限付き)、、、を呼び出す事ができる。 《最前線 XX幕府》(ドラグハート・フォートレス)• とを持っており、自分の1枚につき3000される。 《メガ・マナロック・ドラゴン》• 《ニコル・ボーラス》(非コマンド)• 《悪革の怨草士 デモンカヅラ》(火闇)• 《マッスル・ポテト》(非コマンド、非ドラゴン)• のスペックから1増えた代わりに、と3以下のを2枚まで出すことができる能力が追加されている。

Next

【デュエルマスターズ】『モルトNEXT』のデッキレシピと簡単な解説|デネブログ デュエマの速報・環境

このの請け負いを考えると、事実上のの上位のように扱うことができる。 《偽りの王 ヴィルヘルム》• 普通に使えば相手のクリーチャーのダイレクトアタックに反応し、攻撃を受け止めてくれる防御クリーチャーなのだが、なんとこの効果、 『進化元となったクリーチャーの登場時効果も発動する』のだ。 相手のスレイヤーをうまく小型ガードマンに当てつつ、そこそこの大型を自身やに食わせてしまえばいいのである。 《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》• また、は即座にへさせることでややと言った大型クリーチャーを破壊する戦法も存在する。 そもそもを担当するであるがこのに入らないので、無理にでも自然を足してデッキを4色にしないといけないという難点が存在する。

Next

《王・龍覇 グレンモルト「刃」》

《天守閣 龍王武陣 -闘魂モード-》(ドラグハート・フォートレス)• 《暴龍事変 ガイグレン》• それだけではない。 クリーチャー面になると相手のクリーチャー全てに封印を飛ばし、コスト4以下の呪文の対象にならない。 「バトライ閣ループ」 皆さんはこの言葉をご存じでしょうか。 《熱血龍 メッタギルス》• 《激龍剛撃ドン・ドドフェル》• 《超銀河竜 GILL》(非コマンド)• 【革命チェンジ】とも相性がいい。 右上:味方1体に【スレイヤー】を付与。 《メンデルスゾーン》• 《超戦龍覇 モルトNEXT》に攻撃されるまでの間でに加えられる手札で戦わないとならないのだ。

Next

《爆革命 グレンモルト》

《龍装者 バルチュリス》(非コマンド)• 《閃光のメテオライト・リュウセイ》• 》(火光)• 《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》を使う時は、火文明か闇文明の「コマンド・ドラゴン」で構成すべきである。 問題はと。 防御手段については、こちらは『中速』デッキタイプよりも防御に爆発力を求める為に 《熱血龍 バトクロス・バトル》等の一発に賭ける使い捨てのS・トリガーよりも、《爆殺!!覇悪怒楽苦》等の強力なS・トリガーの方が相性は良い。 《ニコル・ボーラス》(火水自然)(非コマンド)• 使いこなすのは『中速』デッキタイプより難しいが、カードパワーはこちらの方がかなり高い為、相手を押しつぶすような強さがあり、とても強力。 そのの強力さも相まって、が入り他にできるさえあれば、たった6でありながらあらゆるの・サブフィニッシャーを務められるとして中でも特にの高いである。 このカードは 《メタルカオス・ドラゴン》式アンタップを採用されており 《ホーリー・スパーク》や 《ノヴァルティ・アメイズ》等の全タップ系S・トリガーを回避出来るのだ。 間違ってご注文された場合は、注文内容変更のお伺いをさせていただきます。

Next

二刀龍覇 グレンモルト「王」

今回の【NEXT抜き不死鳥NEXT】NEXTのデッキリストがこちらになります。 《無敵王剣 ギガハート》• それは 「四つ角の封印を一か所外す度、外された場所に書かれた効果を使用できる」というもの。 新たに「王」の文字が増え、「」覇となったが、それはのを操る鎧の種族であり、そもそもはすでにではなくなっている。 このクリーチャー自身がドラゴンであるため、ターンの終わりに条件が満たせるためである。 また、「コマンド」ではない為、封印は外せない。 耐性を持っていないためを踏んでしまったり、返しののであっさりやられてしまう事も。 環境ではのサブフィニッシャーとしても軽さとカードパワーで勝るに使い勝手で劣り、どうしてもの主流とは言えない状況にあった。

Next

《龍覇 グレンモルト》

《超戦覇龍 ガイNEXT》 《超戦覇龍 ガイNEXT》はT・ブレイカーであり、 【龍解】する事でドラゴンのみならず全てのクリーチャーをスピードアタッカーとさせる。 《将龍剣 ガイアール》• 《英雄奥義 バーニング銀河》• 《大いなる銀河 巨星城》(ドラグハート・フォートレス)• 《禁断~封印されしX~》を使う時は「コマンド・ドラゴン」で構成すると良い。 次のターンの攻撃で。 9マナ以上のドラゴンは 《ボルシャック・ドギラゴン》の【革命0トリガー】の強力な進化元として狙わない限りは、マナが届きづらいため採用は推奨されない。 頭数が揃えばに。

Next

【デュエルマスターズ】《最終龍覇グレンモルト》と《邪帝斧ボアロアックス》の相性が良すぎる件【デッキレシピ】|デネブログ デュエマの速報・環境

) さんよりデッキレシピを頂きました!ありがとうございます。 () 貴様の熱血、オレの想像以上!この魂も震えるわ! ---• 合戦に打ち勝つ為、【速攻】に入れてもよい。 ループが苦手な人もこのくらいなら簡単にできるのではないでしょうか。 《闘将銀河城 ハートバーン》(ドラグハート・フォートレス)• アニメではやがとなるを呼び出す為に使用している。 注意点としては、ループのやりすぎでデッキアウトしてしまったり、禁断解放をしたせいで《伝説の禁断ドキンダムX》が場を離れてしまいゲームに負けるということです。

Next

《爆革命 グレンモルト》

古より封印されし龍たちが解放される物語は、ここから始まった。 。 マナ加速カードは8枚~12枚投入すると最初の手札5枚で引きやすい。 《ドギラゴン・フォーエバー》• 《メガ・ブレード・ドラゴン》• 《無双竜鬼ミツルギブースト》(火自然)(非コマンド)• 決まれば《超戦龍覇 モルトNEXT》よりも強力なこのワンショットキルが可能な上に、この二体は 《ボルシャック・ドギラゴン》の【革命0トリガー】と相性が良いので必然的に攻撃と防御に二つを担うとても優秀な二体となっている。 illus. 《ボルシャック・ドギラゴン》の場合は、場に既にいる 《ボルシャック・ドギラゴン》と《龍の極限 ドギラゴールデン》を革命チェンジさせる事で 《ボルシャック・ドギラゴン》が手札に戻り、【革命0トリガー】を再び使う事が出来るようになる。 《熱血提督 ザーク・タイザー》• 最低でもデッキの8枠はマナ加速カードにするといいだろう。 ガチャログ. その代わりにを採用する事で、などのを対策するほか、で直接として呼び出す事でのとしても運用する事ができる。

Next